何故土用の丑の日にウナギを食べるのか。

日本で古くから親しまれている食文化の中にウナギがあります。
最近はウナギ屋さんに行かなくてもスーパーなどで手軽に買うことができます。

なんとなく高級料理として認識されているウナギですが、
何故土用の丑の日に食べるようになったのでしょうか。

今回はこのウナギについて調べてまとめてみました。

そもそも土用の丑の日って何?

『“土用の丑の日”にウナギを食べる』という事を知っている人は多くいると思います。
しかし、理由を知らない人は多くいるはず。

そもそも“土用”の意味だとか“丑の日”の言葉の意味自体よく分かりません。
漢字を見るまでは『土曜の牛の日』だと思っていた人もいるのではないでしょうか。

まずは、“土用の丑の日”からご紹介したいと思います。

知ってた?土用の丑の日って夏だけじゃない!

『“土用の丑の日”にウナギを食べる』と言うのを想像していつの季節を思い浮かべますか?
割と夏を思い浮かべる人が多いと思います。

現にスーパーとかでは夏に“土用の丑の日”というフレーズを見かけると思います。
しかし、“土用の丑の日”というのは夏だけにあるものではありません。

何故なのかはそもそも“土用”がどういうものなのかを知れば納得できます。

土用自体は1年に4回ある

“土用”というのは1年に4回あります。
何故4回あるのかというと先ほどからやたらと推している春夏秋冬がその理由になります。

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節である。 1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつである。

とWikipedia先生が仰っているように、
土用とは立夏・立秋・立冬・立春直前約18日間の事なんですね。

じゃあ“丑の日”が夏にしかないから夏のイメージが強いのか…?

丑の日に限って言えば1年中ある。

はい。小題の通り1年中あります。
つまり結論から言うと“土用の丑の日”自体が1年中あるわけです。

そして丑の日とは何なのかというと日の干支の丑の日です。

ん?なんのこっちゃって顔してますね。

日の干支とは

世界的にみると24時間を一日としており、約30日で一月という分け方をしています。

もう少し小さい区分になると“七曜日”というのを決めており
七曜日で1週間、と呼んでいますね。

これはあくまでもグローバルな区切りでそう呼んでいるだけで、
日本古来の区切りの一つに日の干支(えと)というのがあります。

これは12日区切りで干支の“子丑寅辰巳午未申酉戌亥”を一日ごとに振り分けています。

つまり土用の丑の日とは

つまりどんだけ寒かろうが1年中土用の丑の日は存在します。

なんなら土用が18日間あり、干支の日が12日で区切られている以上、
夏の土用の丑の日すらも1年に2回存在する年もあるわけです。

これで“土用の丑の日”がいったい何なのかはお分かり頂けたかと思います。

その“土用の丑の日”にウナギを食べるようになった理由

これは諸説ありますが、一説には日本のダ・ヴィンチと言われている
平賀源内が提案したものだと言われています。

平賀源内が活躍した江戸時代にも民に親しまれていたウナギですが
彼は何故土用の丑の日に食べる事を考えたのでしょうか。

ウナギの旬がいつか知ってますか?

実はウナギの旬というのは産卵前の脂を蓄えた秋から冬にかけてなのです。
更にウナギのかば焼きって味が濃くこってりしていますよね。

江戸時代から高級料理として扱われてきたウナギですが、別に当時のお金持ちだけが食べていたわけではなく、貧乏な民も少々奮発してウナギを食べる位親しまれていました。

ですので少々無理をしてウナギを買う!と決めた時に
外はクッソ蒸し暑く味はこってりした旬の魚を食べる人はあまりいませんでした。

当然ウナギ屋は夏の間はガラガラで売り上げもありませんでした。

平賀源内の奇策

夏にウナギを売るにはどうしたら良いか。
という相談を受けた平賀源内が“土用の丑の日”にウナギを食べよう!とキャンペーンを開始します。

そのキャンペーンを見た人が“土用の丑の日”にウナギを食べ、定着したとされています。

平賀源内の影響力はそこまで凄かったのか

いくら才能に溢れ、本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、
浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家として知られていた平賀源内とは言えそこまでの影響力があったのでしょうか?

実は何の根拠もなしに“土用の丑の日”にウナギを食べよう!としたわけではなく
当時は丑の日に『う』で始まる食べ物を食べると良いとされており、
これがスタミナ満点で夏バテ予防ができるウナギにピッタリと当てはまり定着したとされています。

つまり…

土用の丑の日は1年中あります。

ですので土用の丑の日にウナギを食べたいって人は旬の立秋や立冬にウナギ食べたほうが良いのでは…?


特大うなぎ蒲焼き×1尾


肉厚タップリの超特大サイズの国産うなぎ蒲焼き230-249gx1本(タレ、山椒付き)川口水産

スポンサーリンク
広告 336×280




広告 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告 336×280




pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status