仮想通貨は何故盗まれるのか。

最近良くも悪くも耳にする仮想通貨。

最近コインチェックから仮想通貨が盗まれたニュースなどを耳にしますよね。
しかしこの事件も仮想通貨に手を出していなければ何のことだかさっぱり分かりません。

完全に旬を逃して高騰だ、暴落だ、の波に乗ることができなかったあなた。

ただ漠然と『仮想通貨は終わった』なんて他人に話をしていませんか?

仕組みを今まで知らずに取引してた人も仮想通貨が何かを知っておきたい人も

『何故仮想通貨が浸透し、取引により高騰したり下落したりしているのか』を
ブロックチェーン技術とともに説明しましょう。

 あくまで“仮想”通貨

仮想通貨はインターネット上において使用できる通貨の事を指します。

仮想通貨とは言ってもその仮想通貨を使用して買い物ができるかと言うとそうではありません。

これは勘違いしている人が非常に多いのですが、
あくまでも将来的に通貨として使用できる可能性を持っているだけなのが現状です。

決済方法として選択できる場所はそう多くはありません。

しかし、この仮想通貨におけるメリットは非常に多く、将来的には通貨として
非常に幅広く使用されることは予想に難しくありません。

ウェブマネー等の電子マネーとの違い

一般的にインターネット上での通貨。
と言われるとウェブマネーや iTunes Cardを連想する方が多いと思います。

しかし仮想通貨というのは本当に一つの通貨です。
ドルや円、ユーロなどのお金の単位の中に仮想通貨が含まれていると考えることができます。

故にウェブマネーが1ポイントにつき1円だと決まっているのに対し、仮想通貨の価値は常に変動します。
実際に市場で流通している外貨と何の変りもないものなのです。

では現実の通貨と何が違うのか、その差を見ていきましょう。

将来的に市場に出回る総額が予め設定されている

例を出しますと日本円(日本銀行券)は年間の印刷量と廃棄量を日本銀行が決めています。

印刷量というのはそのまま年間にいくらのお金を刷るか、
廃棄量というのは使えなくなったお金をいくら何円分処分しているかという量です。

しかし仮想通貨には年間発行量や廃棄量などの設定はされていません。

決まっているのは市場流通総額のみです。

何故これが決まっていないのか、理由とそのメリットを次の項目でご説明します。

銀行のような一元管理をする機関がない

先ほど日本円は日本銀行が発行している。ということはご説明致しました。
しかし仮想通貨というのは特別な管理機関が発行したりしているわけではありません。

言ってしまうと、誰でも発行することが可能なのです。

そんなことをしてしまうと貨幣価値が大きく崩れてしまったりしそうですが
これももちろん貨幣価値を崩してしまわない仕組みがあります。

ある意味最高に合理的な仮想通貨

例えばあらかじめ市場に出回るお金に、付箋を張り付けて、
そのお金がいつ・どこで・誰が・誰に渡したのかを記録にとるとします。

そのお金を今まで手にしてきた人が全員付箋のコピーを持っているとすれば、
誰かが勝手に発行したものではないことの証明を多くの人で共有することになりますよね。

そしてお金に書いてある人を辿っていけば、
そのお金が本物かどうかの鑑定をする特別な機関も必要ありませんよね。
取引履歴をお金に書き込んでしまえば付箋をわざわざ張り付ける必要もありません。

もっと言ってしまえばそのデータのみがあれば通貨自体必要なくなりますよね。
こうしてほぼ取引のデータに貨幣価値を持たせたのが言ってしまえば仮想通貨です。

しかしその情報を生身で書いてしまっては複製される可能性があります。
ですのでコンピューターでしか読み取れない暗号で記してあるのです。

その情報をある程度まとめて小分けにして繋げてあるのがブロックチェーンです。

取引データの整合性チェックをするのも私たち

データの重ね合わせをし、整合性を確認するのも、もちろんパソコンですが、
仮想通貨はその重ね合わせをする専用のサーバーを持ち合わせていません。

それをするのも私たちのパソコンなのです。
私たちは先ほどの取引データを重ね合わせてその通貨の動きを追い、
通貨の整合性を確認することもできます。

暗号化された取引履歴を復元して整合させるのに、パソコンを貸す形になります。

もちろん貸すといっても物理的にパソコンを貸すわけではなく、能力を貸します。
その能力の中には消費電力も含まれています。

こういった仕組みで貨幣価値を守り貨幣の整合性を保つことができるわけです。
作業の報酬として仮想通貨が発行されます。

この仕組みを通貨マイニングと呼びます。

何故仮想通貨が盗まれるのか

ウェブマネーやiTunes Card等では耳にすることのない仮想通貨の盗難がなぜ起こるのか、
先ほどの仕組みを考えてみればなぜ仮想通貨が盗まれる事になるのかが分かります。

結局は保存媒体が財布の代わりになっているだけ

仮想通貨を保有する人たちが所有しているのは容量のある取引記録データです。

つまり、取引の際にはアップロードやダウンロードをします。
この取引中のデータなどが丸々複製されてしまえば、複製されたコインも整合性をもつことになりますよね。

通貨の取引記録が追加されてしまえば追加される前のデータを持った通貨は使用できません。

そうすると結局はパソコンなどにお金を保存しているだけになるわけです。
そのデータ自身が通貨な訳ですからハッキングなどにより盗まれたりしてしまうわけです。

今回コインチェックで盗まれてしまった人は
コインチェックの財布(サーバー)に通貨(データ)を預けていたので
被害にあってしまったという事です。

スポンサーリンク
広告 336×280




広告 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告 336×280




pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status